エアコン洗浄・虎の巻

エアコン洗浄に有益な情報を主に配信していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空気調和設備等の維持管理及び清掃等に係わる技術上の基準(平成15年3月25日構成労働省告示第119号)が定められており、ビル衛生管理技術者及び特定建築物所有者は、これを厳守しなければなりません。
空気調和設備及び機械換気設備の維持管理を表1-1に、室内空気環境基準を表1-2に示す

表1-1 空気調和設備及び機械換気設備の維持管理
部位作業内容
1空気清浄装置フィルターろ材の汚れの状況、前後の差圧などを定期的に点検し、必要に応じてフィルターの清掃・交換を行なうこと。
2冷却加熱装置運転開始時と運転期間中の適宜の時期に、コイル表面の汚れの状況などを点検し、必要に応じてコイルの洗浄・交換を行うこと。
3加湿・減湿装置運転開始時と運転期間中の適宜の時期に、コイル表面・エリミネーターなどの汚れ・損傷など、スプレーノズル閉塞状況を点検し、必要に応じて洗浄・補修を行うこと
4ダクト定期的に吹出口周辺・吸込口周辺を清掃し、必要に応じて補修を行うこと。
5送風機・排風機定期的に送風量・排風量の測定、作動状況を点検すること。
6冷却塔集水槽、散水装置、充填材、エリミネーターなどの汚れ、損傷、ボールタップ、送風機の作動状況を定期的に点検すること。
7自動制御装置隔測温室度計の検出部の障害の有無を定期的に点検すること。

(注)空気調和設備は、厚生労働省が定めるところにより、病原体よって居室内の空気が汚染されることを防止するための措置をこうずること。レジオネア属菌、結核の集団感染、冬季の低湿条件下のインフレンザの集団感染が起きており、空気清浄装置、加湿装置、冷却塔、ダクトなどの空気調和設備の構成機器が病原体の汚染源とならないように管理する。

表1-2 室内の空気環境基準
項目基準値
1浮遊粉塵の量空気1立方メートルにつき0.15ミリグラム以下
2一酸化炭素の含有率100万分の10以下
3二酸化炭素の含有率100万分の1000以下
4温度1. 17度以上28度以下
2. 居室における温度を外気の温度より低くする場合は、その差を著しくしないこと
5相対湿度40パーセント以上70パーセント以下
6気流0.5メートル毎秒以下
7ホルムアルデヒドの量空気1立方メートルにつき0.1ミリグラム以下
スポンサーサイト
ビルの管理は多くの関係省庁とのかかわりがあり関係法令を厳守しなければなりませんが、なかでも管理技術書が最も重視しなければならないのがビル衛生管理法です。
昭和45年に制定された「建物における衛生的環境の確保に関する法律」は通称「ビル衛生管理法」または「ビル管法」として施行されました。建物の維持管理に従事する管理技術や技術・意識の向上を促し建築物の衛生水準を高める事が目的になります。
平成14年10月の改正(平成15年4月1日施行)では、10%除外規定が撤廃され現在に至っています。
以下はその概要をなります。
「建築物における衛生環境の確保に関する法律は」第1条の目的では「多数の物が使用し、又は利用する建築物の維持管理に関し環境衛生上必要な事項を定めることにより、その建築物における衛生環境の確保を図り、もって公衆衛生の向上及び及び増進に資することを目的とする」とあります。
延べ面積3000㎡を超える店舗やオフィスなどの指定された建築物を特定建築物といい、特定建築物の所有所は、使用開始から1ヵ月以内に都道府県知事に届け出を行うことになっています。また、有資格者の中から建築物環境衛生管理技術者(以下、ビル管理技術者という)を選任し「建築物環境衛生基準」に従って、維持管理を行なうよう監督させなければならないとされています。ビル衛生管理技術者が維持管理で留意することは、竣工図面などを管理することとともに、維持管理基準に従った帳票類を作成し、記録に残すことである。
以上がビル管理法の概要になりますが、次に実務と密接な関係にある維持管理基準を最も重要である空気調和設備にの維持管理に絞って説明いたします。
まず空調という言葉ですが、これは「空気調和」を略したものです。

空調の4要素とは、温度・湿度・気流・清浄度の4つの事です。
この4要素をさまざまな空間に応じて快適さをもたらすコントロールする事が空調の役割です。

(1)温度のコントロール
室内の空気を冷やしたり、暖めたりする。
(17度以上28度以下)

(2)湿度のコントロール
室内の空気中の水分を除湿したり、給湿したりする。
(40%以上70%以下)

(3)空気の清浄度のコントロール
室内の空気中のごみやワタボコリを取り除く。
(CO2 1000PPM以下、CO10PPM以下、浮遊粉塵量0.15mg/m3以下)

(4)気流のコントロール
室内の隅の方まで空気を循環させる。
(0.5m/s以下)

※()内はビル管法で定められたの数値になります


温度に関する補足ですがビル管法には外気温度との差については定められていないので、空調を管理する方はその点にも注意する必要があります。
例えば冷房している場合に、室内と外気との温度差が10℃近くになることがあります。
この場合、部屋の出入りのときに冷気と熱気を強く感じて、身体に不調をもたらすことがあります。
この不快感を「コールドショック」と言い、コールドショックを起こさないようにするためには室内と外気との温度差を3~6度くらいにすると良いです。
エコを意識して空調で3度くらい、あとは服装で調節するのはいかがでしょうか?
お客様商売のところは難しいかもしれませんが、オフィスビルなどであればチャレンジして見てください。

上記の空調の4要素の数値はあくまで人が対象です。
しかし空調にはコンピュターなどの機械や生産工場における作業環境を対象とした空調いわゆる産業空調の世界もあります。
産業空調などの特殊な空調においては上記の数値は適用されません。

特に現代のIT産業においては空調はクリーンな環境を作り出す空調技術が高性能、高品質、高付加価値の製品を作り出しているのです。
ヒートポンプのメリットは、

①電熱器やガス・石油ヒーターと異なり、空気中の熱エネルギーなどの環境熱を利用します。

エアコンの使用電力はポンプを回すために利用され、熱源としては利用していません。
燃焼を伴わないため暖房時などは特に安全に使用することができます。
何より燃焼しないため室内・室外の空気を汚さず、酸素の消費もないため、高気密住宅にも適しています。
しかもヒートポンプはエネルギー消費効率(COP)の面でも優秀です。

②ヒートポンプを利用したエアコンは暖房・冷房どちらも利用可能

ヒートポンプは熱を移動させる働きがあります。同じ装置を使って、移動の方向を変えることができます。
冷暖房兼用エアコンは、ヒートポンプの熱移動方向を変えることで実現しています。

③地球温暖化防止に役立つ

ヒートポンプを利用した暖房、冷房装置は、暖房に空気中の熱エネルギーを利用する(コンプレッサーの駆動には電気を使用しています)ので、地球全体で見ると熱エネルギーの増加が少なくなることです。


ヒートポンプのデメリットは、

①フロンの使用によりオゾン層を破壊する

最近では代替フロンも温暖化の促進の一因であるとの研究発表もあります
さらなる新冷媒の開発が必要でしょう。

②寒冷地では暖房性能は落ちる

ヒートポンプを利用した暖房効率は高く、省エネに効果的だと書きましたが、カタログ性能を得るには温度条件があります。
一般に外気温が低くなると暖房時のCOP値は下がります。
北海道などの寒冷地では、他の暖房機器を選んだ方が効率が高い場合があります。


ヒートポンプ技術は、上記のようにわずかに注意することはありますが、冷暖房・給湯需要を賄う有力な技術であることに疑いはありません。
今後の技術革新でエネルギー効率はさらに向上し、環境性能がアップするのは間違いないでしょう。ヒートポンプを賢く使って、地球に優しい生活を送りましょう。


ヒートポンプについては最後になりますが、外気温が低い冬に、外気の熱を集めて、室内を暖められるなんて不思議ですよね!
人間には寒く感じる外気温であっても空気中には熱エネルギーがあって、その熱を集めて大きな熱エネルギーとするのです。

ヒートポンプってなんだか元気玉みたいですね!!(笑)

(元気玉:アニメ「ドラゴンボール」の主人公悟空の技のひとつです。←念のため説明)


なお、ヒートポンプ普及のきっかけとなったフロンは、その後の研究で、大気中に放出されると、オゾン層を破壊する性質があることが判明しました。

1985年には、南極上空に、極端にオゾンの濃度が低い「オゾンホール」が発生していることが発見され、大きな問題となりました。

現在多くの国では、オゾン層破壊の原因となるフロンと、フロンを使った製品の製造を禁止しており、フロンと似た性質を持ちながらオゾン層を破壊しない「代替フロン」が開発され、冷媒として利用されています。

しかし近年の研究で、その代替フロンも二酸化炭素より温室効果を持つ強力な温室効果ガスであることが指摘され、京都議定書では主要な3種類の代替フロン( ハイドロフルオロカーボン類〔HFCs〕、パーフルオロカーボン類〔PFCs〕、六フッ化硫黄〔SF6〕 )について削減目標が定められました。

2002年には冷媒にイソブタンを使用する「ノンフロン冷蔵庫」が発売され、現在はほとんどの冷蔵庫で冷媒にイソブタンが使用されています。

今後はこの分野の研究が進んで行きオゾン層も破壊せず、温室効果もない新たな新冷媒が開発されることでしょう。

我々が今できることは、なるべくエアコンの稼働時間を短くなるように服装等でで温度調節をし、使用するときも極端な温度設定にはしない事です。

最後にエアコンの買い換えや廃棄の時は、必ず専門の業者に引き取ってもらいましょう。
冷媒ガスを回収する資格のない業者に直接頼むのは絶対に止めましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。